Ringo Base


主にAppleに関連する話題についてあれこれ書いているブログです

ホーム > Tips > Mac OS X > アーカイブユーティリティの設定が反映されなかった原因がわかりました

アーカイブユーティリティの設定が反映されなかった原因がわかりました

Posted on 11/06/2010 | Categories: Tips - Mac OS X
私は以前からシステム環境設定にアーカイブユーティリティの各設定を行うことができる環境設定パネル「アーカイブ」を追加していました。

101106-0001.jpg

しかし、”展開された項目を Finder に表示” という項目にはチェックをいれていないのに、zipファイルを展開する度にFinderウインドウが開いてしまいちょっと困っていました。

101106-0002.jpg

最近はあまり気にしていなかったのですが、試しに ”/System/Library/CoreServices” 内にあるアーカイブユーティリティを起動して環境設定を開いてみたところ、なんと同じ項目のところにチェックがついていたのです。

101106-0003.jpg

どうやらこの2つの設定は同期されないみたいで、おそらくアーカイブユーティリティの環境設定で設定したものだけが有効になっているようです。

そこで、試しにアーカイブユーティリティの環境設定で ”展開された項目を Finder に表示” という項目のチェックを外してみると、zipファイルを展開してもFinderウインドウが開かなくなりました。

これで間違いなくアーカイブユーティリティの環境設定で設定したものだけが有効になるとわかったので、システム環境設定に追加していた「アーカイブ」パネルはさくっと削除しました。

純正で提供されていないということは、それなりに理由があったということみたいですね。でも、これからもこれにめげずいろいろなことを試していこうと思います(^_^;)



他の方にも見てもらいたいと思ったらシェアしてくれると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント
コメント投稿フォーム













管理者にだけ表示を許可する
トラックバック