Ringo Base


主にAppleに関連する話題についてあれこれ書いているブログです

ホーム > スポンサー広告 > Macのメモリ管理は「VM Cleaner」におまかせすることにしました使用ソフト > Macのメモリ管理は「VM Cleaner」におまかせすることにしました

スポンサーサイト

Posted on --/--/-- | Categories: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


他の方にも見てもらいたいと思ったらシェアしてくれると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加


| コメント(-)トラックバック(-)

Macのメモリ管理は「VM Cleaner」におまかせすることにしました

Posted on 02/12/2012 | Categories: 使用ソフト
メモリを定期的に解放して使えるメモリを増やしてくれるアプリ「VM Cleaner」がリリースされていたので、さっそくインストールして試してみました。

アプリを起動すると、メニューバーにメモリの使用状況のグラフと空きメモリ、スワップファイルの容量が表示され、クリックすると下の画像のようなインフォメーションウインドウが表示されます。

120212-0002.jpg

左下にある ”Free Memory” ボタンをクリックすると、手動でメモリを解放することができます。ただし、定期的なメモリの解放より大きな効果はあるけど、メモリ解放の動作中や解放した直後は動作が重くなるので注意してください。

右下にある ”Menu” ボタンをクリックすると下の画像のようなメニューが開き、簡易な設定や環境設定ウィンドウの表示、アプリケーションの終了などができます。
  • Display in Menubar:メニューバーの表示をグラフだけにする
  • Enable Autorelease:定期的なメモリの解放を有効にする
120212-0004.jpg

環境設定では上記の簡易な設定と同じことが設定できます。デフォルトではメモリを定期的に解放しない設定になっているので、まずはこの設定をONにしたほうがいいと思います。
  • Display string in Menubar:メニューバーの表示をグラフだけにする
  • Enable Auto release rememory:定期的なメモリの解放を有効にする

120212-0007.jpg

定期的にメモリを開放するとなっていますが作者さんに質問してみたところ、現バージョンでは約15分おきに解放しているそうです。将来的には分単位で設定できるようになるそうです。


このようなアプリのほとんどは設定した数値以下になったら解放するものが多いですが、このアプリなら定期的に解放してくれるので常に余裕を持ってMacを使うことができると思います。

現在はリリース記念セールで通常170円のところ2月29日(水)まで50%OFFの85円で販売しているので、興味をもたれた方はぜひ購入して試してみてはいかがでしょうか?


VM Cleaner 1.0.0(¥85)App
カテゴリ: ユーティリティ
販売元: TOTEKAN - takatomo suzuki(サイズ: 0.1 MB)
全てのバージョンの評価: 無し(und,efi,ned件の評価)



他の方にも見てもらいたいと思ったらシェアしてくれると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント
コメント投稿フォーム













管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。