Ringo Base


主にAppleに関連する話題についてあれこれ書いているブログです

ホーム > スポンサー広告 > iPhoto の画像データへのアクセス方法Tips > Mac OS X > iPhoto の画像データへのアクセス方法

スポンサーサイト

Posted on --/--/-- | Categories: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


他の方にも見てもらいたいと思ったらシェアしてくれると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加


| コメント(-)トラックバック(-)

iPhoto の画像データへのアクセス方法

Posted on 06/06/2008 | Categories: Tips - Mac OS X
Tiger の時は "ピクチャ" フォルダを開くと簡単に画像データにアクセスできたのですが、Leopard になってからは "iPhoto Library" というパッケージ形式のファイルになってしまったので簡単にアクセスできなくなってしまいました。かなり前からどうにかならないかと思っていたら解決方法がまたまた「Mac Fan 7月号」にが載っていました^^;やっぱり専門誌は頼りになりますね^^

その方法とは、"ピクチャ" フォルダ の中にある "iPhoto Library" ファイルを「 ctrl + クリック」してコンテキストメニューから "パッケージの内容を表示" を選択します。

ピクチャ 2

そうすると下の画像のように Tiger の時のようなフォルダ構成を表示させることができます。

ピクチャ 1

これで、"Originals" フォルダに入っている画像ファイルにアクセスできるようになります。私はこっちの方法のほうがわかりやくていいと思うのですが^^;

UPDATE
stratos さんに教えていただいたのですが、"Originals" フォルダに実ファイル、"Modified" フォルダに修正画像ファイル、"Data" フォルダに iPhoto で高速表示用に使うサムネイルが入っているそうです。



他の方にも見てもらいたいと思ったらシェアしてくれると嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加


コメント
どうも、stratosです。
DataではなくOriginalsとしないと紛らわしくないですか?Originalsが実ファイル、Modifiedが修正画像ファイルで、DataはiPhotoで高速表示用に使うサムネイルだと思います。
stratos | URL | 2008.06.07 (Sat) 01:03 | [Edit]
>stratosさん
ご指摘ありがとうございます。
さっそく記事を修正しました^^;
これからも間違っていたらどんどんご指摘ください。
よろしくお願いします。
mbw183 | URL | 2008.06.07 (Sat) 01:49 | [Edit]
コメント投稿フォーム













管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。